Exhibitionちせの屋根裏では展覧会を行っております

MURGRAPH EXHIBITION となりのへや 2015.2.28(土)-3.15(日)atちせ2FGALLERY

2015.2.28(土)-3.15(日)

絵画、七宝ブローチ

chiseDM

post_TT

2月28日土曜日から3月15日日曜日の間、イラストレーターとして
広告、雑誌、装画、ウェブサイト、ミュージシャンやファッションブランド
とコラボレーションした商品等の仕事や、美術家としても活躍されている、
MARGRAPH/マーグラフこと下平晃道さんにちせ2F GALLERYにて
個展を開催して頂きます。
————————————————————————————————
Murgraph という名前は、murmur(木の葉のざわめきや川のせせらぎ)と、graphic(図)という言葉を合わせた造語です。
様々な素材を使った遊びの中から、図形の楽しみを
見つけることを考えています。
少しの工夫で、木の葉が鳴らす音まで描けると思うのです。
(Murgraph HPから引用)
————————————————————————————————-
絵具のにじみから生まれるやさしくやわらかな色彩の中に
浮かび上がるキャッチーでちょっぴりファニーなキャラクター。

実験のように何度も色を重ねて結果を見る、
同じような繰り返しの中にある不変や変化を楽しんで
描いていらっしゃるのかなと絵を拝見する度に想像したり
しています。(違ったらすみません)

今回はちせの隣の部屋を題材にお話を考え、絵を描き、そして
京都に来てから始められた七宝焼きで作った七宝ブローチの展示もして
頂きます。
物語あり、七宝ブローチあり、楽しいワークショップあり!!
カラフルな世界を見に是非いらしてくださいね。

DSCF1062 DSCF1055

3月7日(土)は、似顔絵を描いてもらいます。似顔絵といっても
本人に似せるわけではなく、その人を取り巻く色を描く「似色絵」だそうです。
※絵が完成したら額をご用意致しますので額装して持って帰って頂けます。faces03

faces02

8日(日)15:00~17:00には、鉛筆かクレヨンを使ったドローイングワークショプ

をして貰います。目的は鉛筆という素材で、どれだけの表情が作れるのかを知るというもので、フロッタージュ、一筆書き、消しゴムで消す、水に濡らすなどの方法を実際に試し、最終的に、それらの方法を駆使して(もしくは駆使せずに)絵を描いてもらうというものです。(※定員5名ほど 参加費は無料ですが、ご予約して頂けますので
info@chise.inまたは。075-746-5331にご一報下さい。)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

マーグラフさんから

3年前に家族で京都へ移り暮し始め、浄土寺で甘夏ハウスを林菜月と多田玲子の三人で始めました。今回は京都へきてから始めた七宝焼きのアクセサリーの発表と「ちせの二階の隣の部屋をまだ誰も見たことがない」という話を聞いたことがきっかけに、新しく思いついたお話を、絵本のようにして発表します。

Murgreph/マーグラフ 下平晃道

Murgraph(マーグラフ)
イラストレーター 1973年生まれ。東京造形大学造形学部美術学科美術II類(彫刻)卒業。2002年よりフリーランスのイラストレーターとして活動を始める。以後、広告、雑誌、装画、ウェブサイト、ミュージシャンやファッションブランドとコラボレーションした商品等の仕事を手がけている。著作に「まばたき-BLINK」、滝本晃司との共著「つづくこと つづくとこ」。また本名の下平晃道の名前でも美術作家として作品の発表をしている。

www.murgraph.com