Select Item生活の中にそっととけこみ、
毎日を少し特別にしてくれるアイテム達

眞水 水口真奈

季節を装う

ミモザの綺麗な黄色の花が
春の訪れを教えてくれます。

鮮やかなアイビーの葉が
夏の強い日差しにも負けず
風に揺れています。

彼岸花がさく頃には
少し日も短くなり
綺麗な夕日を眺めます。

頭上から、ひらひらと真っ赤に染まった
落ち葉が落ちて来たら、すぐそこに冬が
やってきます。

春夏秋冬沢山の花に囲まれて
私たちは生きてます。

そんな季節を装って日々に彩を。

眞水 水口真奈

手描染屋  眞水の日ちせ店長  

水口 真奈 MIZUKUCHI MANA

1978年3月3日 京都府向日市生まれ
2000年 京都造形芸術大学 日本画コース卒業
2002年 京展入選
2002年 眞水として活動開始(初期屋号は『眉唾モノ』)
2007年 8月京都西陣にある雑居ビル内に工房をかまえる
2007年 8月京都西陣大宮にある吉靴房内に工房移動
2012年 眞水10周年をむかえ、結婚を機に東京へ移住 現在世田谷区在住
京都、東京、宇都宮、仙台、福山など各地で個展、出展をしながら活動中(2013年記)

HP : http://mamizu.net/index2.htm