※展覧会は終了しました

2019洞窟とスピカ

genre : ジュエリー、絵画

5月3日金曜から、ちせ2階にて西野詩織さんと「洞窟とスピカ」と言う金属と陶器のコラボレーションジュエリーを発表します。そして熊谷隼人さんと森綾花さんに絵の展示をしていただきます。どうぞよろしくお願い致します。
.
洞窟とスピカ
.
西野詩織 ×谷内亮太(Collaboration jewelry)
熊谷隼人×森綾花(絵画)
.
2019.5.3( fri) -5.19( sun)
open: 11:00-18:00
closed on wednesday and thursday
*5.12(sun)のみ13:00-
at ちせ2Fgallery
.
☆ オープニングイベント
5月3日(fri ) 17:00 ~  場所 出町柳鴨川三角州にて
熊谷隼人 ( ライブペインティング)× このえのこ ( クリスタルボウル)
.
//////
.
この度 2019年5月、彫金作家の谷内亮太と陶作家の西野詩織の共作によるジュエリーブランド「洞窟とスピカ」を発表することとなりました。
.
金属と陶という それぞれの素材と向き合い続けた中で、装身具の制作においては共通して大切にしている想いがあります。
.
ただ身につけるというだけではなく、手にした人の願いや物語を宿す、しずかな入れ物のような存在であってほしいというもの。
.
またものづくりのルーツなど重なる部分も多く、互いに40代を迎えるこのタイミングで 二つの素材の良さを補い合う 新しい表現の足跡を残す選択をしてみました。
.
昨年よりあたためていた洞窟の闇の世界と、光のさす外側の世界をコンセプトにお届けいたします。
.
はじまりは”ちせ”にて 二人の平面作家、熊谷隼人さんと森綾花さんをゲストにお迎えして発表いたします。
.
鋭敏な眼差しでイノセントな命の煌めきを紡ぐ熊谷さんの作品と、限られた色調の中に豊かな叙情性を感じる森さんの作品。
.
ハッとさせられるような20代のお二人の作品は、洞窟の案内人のようにわたしたちを導いてくれます。
.
“今を生きる僕たちの宝ものはどこに 重ねた時間のなか
.
歩いた道のりのなか 涙で濡れた瞳のなか
.
愛してみた胸のなか…
歩みつづける 光が指す先に
ほんとうの出口を 見つけられますように “
.
洞窟とスピカ
.
西野詩織
谷内亮太
.
/////
.
ちせ2Fgallery 京都市左京区北白川別当町28
tel: 075-746-5331